役員体制/会 則  
◆ 会  則(抜粋) ◆ 
 
 1  本会の名称は、公害・地球環境問題懇談会(略称、公害・地球懇)とし、英文表記は、 Japan Network for Earth  Environment and Prevention Pollution とする。
 2  本会の事務所は東京都内に置く。
 3  本会は公害をなくし地球環境を守ることを目的とし、そのために行動、交流、研究、教育、提言および海外NGOとの連帯活動を行う。
 4  本会は、目的を達成するために次の活動を行う。
 (1) 公害被害者への支援活動。
 (2) 公害をなくし、環境を守るための情報の収集、調査、研究、提言活動。
 (3) 研究会、交流会ならびに各種集会の開催。
 (4) 海外NGOとの交流、国際会議への積極的参加。
 (5) 「ニュース」ならびに資料、刊行物の発行。
 (6) その他、必要な活動。
 5  本会は、本会の目的に賛同する個人および団体で構成する。また、一定数の会員の存在する地域または団体に支部を置くことができる。
 6  本会に次の役員を置く。
 代表幹事  若干名
 常任幹事  若干名
 幹  事  15名以上
 事務局長  1名
 事務局次長 若干名
 会計監査  2名
 7  本会に次の機関を置く。
 総会
 常任幹事会
 幹事会
 総会ならびに幹事会の運営規則は別に定める。
 8  総会は毎年開き、本会の活動方針、予算の策定、役員の選出、会計の承認、その他重要事項について審議し決定する。総会は代表幹事が招集する。
 9  本会の活動を協議するため随時幹事会を開催する。幹事会は総会に次ぐ意思決定機関で、常任幹事会が招集する。
 10  本会の目的達成のため、幹事会の決定により各種専門委員会を置く。
 11  本会は、会費・協力金・寄付金その他の収入によって運営する。
 ◆ 役員体制 ◆      
 
 役職  氏名  所属団体
■代表幹事筆頭  本間  慎  学者・研究者、元フェリス女学院大学学長
   代表幹事  豊田  誠  弁護士/公害弁連顧問
 森脇 君雄  全国公害患者の会連合会/全国公害総行動実行委員会前代表委員、
 大石 利生  水俣病不知火患者会会長/全国公害総行動実行委員会代表委員、
 小池信太郎  元全農林都本部委員長/全国公害総行動原発問題責任者
 白川 博清  弁護士/薬害イレッサ弁護団長
   篠原 義仁  弁護士/大気全国連/元自由法曹団長
     
■常任幹事   原 希世巳  弁護士/東京大気弁護団事務局長
   長谷川茂雄  道路住民運動全国連絡会
   佐川 清隆  学者・研究者
     
■常任幹事・事務局長   橋本 良仁  高尾山の自然をまもる市民の会道路住民運動全国連絡会事務局長
     
 常任幹事・事務局次長  河村  洋  日本科学者会議
      清水  瀞  個人/牛久
 
■幹  事  板井  優  玄海原発訴訟弁護団
   中杉喜代司  公害弁連幹事長
   後藤 富和  有明海訴訟
   中山 裕二  公害総行動実行委員会
   布施 恵輔  全労連
   久保 貴裕  自治労連本部
   児玉 紀子  新婦人中央本部
   真嶋 良孝  農民連本部
   吉田  真  全日本民医連
   渡邉  章  アセス都民連
   阿久津 光  東京地評
   沼田 通孝  大気測定運動連絡会事務長
   秋元 正雄  東京公害患者と家族の会
   根本  仁  個人/福島原発「生業訴訟」
   菅家  新  福島原発いわき訴訟
   市田 太一  私たちの環境サミット
   有坂 直幸  個人/川崎
   江川 節雄  個人/練馬
   奥田さが子  個人/八王子
   小松 明美  個人/北
     
■会計監査  池田 佳子  個人/津島訴訟弁護団事務局
 尾崎 初代  個人/有明海支援事務局
     
■事務局員  田中 史子  ニュース・HP担当
   坂本  孝  会計担当